« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

運転技術

 車乗るのが好きなところ

運転がうまいところ

 

 競争すると進化系のが上手いと思うよ

でも、そんなところが似ているんだー

  若かったころのね~あの人に似てる

楽しかったね~若かったね~

もっと楽しめればもっと輝いていただろうね(◎´∀`)ノ

いい感じ

 

  いろっぽくなり過ぎ(≧∇≦)

  綺麗になってる;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 だから・・・

 心配でほっとけない

嬉し過ぎる

5年前の23日

この日は私の心臓が止まった日

・・・あの日

父が自分の命を縮めて私の命を

命乞をした日

きっと・・・眠れなかっただろう

いろんな想いが心の中を渦巻いていただろう

5年前のこの日も夕立で雨が降っていたと思う

父が今日入院した

肝臓のとり切れなかった癌を抗がん剤治療もしないまま

野放しにしていたからだ

父が自分で決めていたことだから何も言わないけれど

父・・・ありがとう

痛みがないことが救いだ

私は心臓だから死ぬほど痛いこの発作を

生きている以上付き合っていかなければならないけれど。

命もらったから、悔いのないように日々生きているよ

第2の人生をありがとう

 

このブログもプロバイダーを変えるから

もしかして続けられなくなるかもしれない

 

 私のメールアドレスは変わっていないから

そちらを使ってくれればいいから。

当分スマートホンにも買えないから。

進化して理想的

よく言ってくれたよね

  「バカじゃないの!」って

あと、鼻かおでこをつんつんしてきたり

細さだったり

不思議(* ̄ー ̄*)

諦めたあの人を・・・

長期お休み

働いているカフェが明日から3日間お休み

+それから私は土曜曜日までお休み

暇過ぎて何しようかな~って感じ( ̄ー+ ̄)

やったあ〜

やったあ〜

新車に乗せてもらいました〜(^∀^)ノ

やったね♪

かっこいいo(^-^)o

明日は。

辛いこともあった

生きかえってからもいろいろあった

もちろん嬉しいこともあった

なんだか

全部 消すことができるそんな感覚

私のもうひとつの誕生日8月23日

 

 明日は旦那さんのお母さんのマンションに泊まります

あなたと・・・

 

  私 待っていたのかな~あなたを

ひとりぼっち なんかじゃない

って思いこもうとしていた

あなたのようなかたちを見つけようと彷徨っていた

 

  あなたがいるというだけで

世界が輝いて見える

 

   手を繋いだ瞬間に

 この人(*≧m≦*)ってびびーってきて

 

   悲しい結末には慣れたくないのに

   慣れてきたから

   つい 悲しい方向を考えてしまうクセ

出逢った意味はお互いが必要だったから

何もなくていい

何ももっていなくていい

ただそばにいてくれればいい

繋がっててくれればいい

隣でたまに笑っててくれればいい

   自分が生まれた意味なんて

   生かされた意味なんて

   どこにあったのかと・・・

でも

あなたといると

この世界に生まれたわけを分かち合える

そんな感覚がしてくる

風になった時


あなたと 風になった時

どこまでも 行こうと思った

もう 何にも 考えたくないって

いろんな不安もあるけど

信じるしかないやんって


こんなに 全てを叶えて
人生ぶっちぎってくれる人


必要なかったら
繋がらないよ〜
必要なんだよね(*^o^*)
お互いがお互いに

見えない糸で繋がってしまった

風に…なる

風に…なる

早起きして

風になった

夢だった バイクの後ろに乗ること

名前 隼(はやぶさ)だって(-^〇^-)

高速道路を2…〇○キロ?

メーター見ろって言われたけど・・・

見れないよ~私キャーキャーしか言えなかった

普通の道路もかっ飛ばす(>_<)

参りました〜(o^∀^o)

ふわっと、風と一体化したわ!

私何歳やろ〜♪
関係ないか〜

君に・・・

 

  不思議だね

こんな私をセラピストやめたのに

癒される・・・なんて

 

  嬉しいよ

愛したくて

愛されたくて

  信じてほしいって

私が必要みたい

 

   そうやって無邪気な笑顔

   私があなたを必要みたい

この時を覚えててほしい

忘れないでほしい

  今 このとき この瞬間を

ゆれる想い

 波うち際 あきらめて戻る波

 見つめていると

 

 遠くで白波 キラキラと光る

 

 あれから何年?

 

 戻らない時間(とき)を二人歩きたかった

 

 きっと・・・こうして一緒に過ごしていると思っていた

 

 あなたのバイクの後ろに座り

 

 背中で鼓動を感じながら風になる

 

 

 こんなに近くにいるのに・・・

ずっと

待っているっていったよね

 

   声聞きたくて

   会いたくて

   おやすみもおはようもいいたくて

意味なんていらなかった

一緒にいられる時間がほしかった

 

  一緒にいると笑顔になれるそれが幸せだった

特別

 夏休みに入り パタパタと過ぎ

 

 もう 8月かぁ

 お盆は旦那の実家に行こうかな~

いろいろ特別なことがあり過ぎた

この夏

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »